仕事で忙しすぎて時間がない!ストレスがなくなる思考の変え方

仕事で忙しすぎて時間がない!ストレスがなくなる思考の変え方

 

「毎日山ほどの仕事を抱えて、忙しすぎて時間がない」
「朝から晩まで仕事して、帰って寝るだけ」

とにかく仕事で忙しすぎて時間がないことが、ストレスに思われている方が多いと思います。

時間管理の方法論については、他でもよく書いてますので、心理学の側面からストレスの対処法をお話したいと思います。

そもそも、「仕事で忙しすぎて、やらなければいけないことが一杯あるのに、時間がない」ということがストレスですよね。

「やらなければいけないことが一杯ある」というのは、確かに事実そうなのだと思います。

極力やる必要のないものを見つけていく等、工夫することにより業務を減らすことは必要ですが、仕事なのでやらなければいけないことはたくさんあります。

そこに「時間がない」という思考が入ることによって、より焦りを感じて、余計な思考が入り効率が悪くなります。

そして、よりいっそう時間がなくなる。。

その思考を変えることができたら、ストレスを減らすことができます。

 

そもそも思考とは ”無意識で頭の中で言っている言葉” です。

「仕事で忙しすぎて、時間がない」と無意識で言っている言葉を、「仕事で忙しくても、時間はある」に変えることができれば、ストレスは軽減していけます。

思考は自然に頭に浮かんでくるものなのに、変えることなんてできるの?

そう思われますよね。

思考は頭の中で言っている言葉なので、その言葉を最初は意識的に換えていくことで変わっていきます。
そして、それを繰り返し行うことで無意識の言葉に近づいていきます。

ただし思考は、事実に基づいたものでないと定着しません。

また、思考を司る脳は、急な変化に弱いので現状を維持しようとしますから、現状の「仕事で忙しすぎて時間がない」という事実も認めてあげる必要があります。

以下にその方法をお話します。

「仕事で忙しくても時間はある」という思考の作り方

 

①「仕事で忙しすぎて、時間がない」と思う理由事実のみ)を書き出してください。

 

(例)
・スケジュールが埋まっているのに突発的な仕事が入ってくる
・納期が迫っている仕事が複数ある
・会社の行事(飲み会など)も参加しなければいけない

 

②次に「仕事で忙しくても、時間はある」と思う理由事実のみ)を書き出してください。
※どう考えてもそう思えないとしても、出来る限りアイデアを絞り出してみてくださいね。
深く考えず、思いついたことをどんどん書き出すことがポイントです。

 

(例)
・仕事後にプライベートの予定を入れておくと、早く仕事を終えることができた
・朝早く出勤した時は、自分の思う通りに仕事が進んだ
・電車移動中など、隙間時間に少しずつ仕事を進めたら余裕ができる

 

③ ①と②を「しかし」で繋ぎ、新しい思考を作ります。

「スケジュールが埋まっているのに突発的な仕事が入ってくるし、納期が迫っている仕事も複数ある。会社の行事(飲み会など)も参加しなければいけないから、いつも時間がないと考えていたが、しかし、仕事後にプライベートの予定を入れておくと、早く仕事を終えることができたことがあり、朝早く出勤した時は、自分の思う通りに仕事が進んだ、電車移動中など、隙間時間に少しずつ仕事を進めたら余裕ができる。だから仕事で忙しくても時間はあるのだ、作れるのだ」

 

どうでしょうか?

こんな感じで、思っていることの事実とその反対思考の事実を「しかし」で繋ぐことにより新しい思考を作ることができます。

これは事実であることがポイントです。
事実でないものを脳は、なかなか受け入れようとはしません。

また、先ほど述べましたように脳は急な変化に弱いので、もともと100だった思考が、いきなり0になることはありません。

ですが、最初でも80くらいには、なるのではないでしょうか。

”思考は頭の中で言っている言葉”なので、繰り返し何度も頭の中に発していくと定着していきます。

そうして「仕事で忙しすぎて、時間がない」という思考が浮かぶたびに、繰り返し、新しい思考を頭の中で言うと0に近づいていけます。

余計な思考でエネルギーを使ってしまうよりも、集中して仕事に取り組むことができれば、時間は少しでも余裕ができてきますよね。

「仕事で忙しくても、時間はある」という思考が定着すると気持ちに余裕が出てきます。仕事だけではなく、前々からやりたいと思っていたことをやってみるとか、人生の幅も広がっていけば嬉しいですよね。

仕事で忙しすぎる,神戸カウンセリング,会社辞めたい

時間は時間、ただ流れているものでもある

 

ビジネスマンにとって、時間はとても大事です。

限られた時間を最大限有意義に使うことは人生においても、とても大事なことです。

でも時間に囚われるあまり、それがストレスになってしまえば意味がなくなります。

「今日までに、今週までに、今月までに、今年中に」、人は計画したことを意識します。そして、実施しなければいけないことが計画通りに進まないと、イライラしてしまいますよね。

計画通りに進むことなんてあまり無いのに、なにか自分がダメな人間だと思ってしまいます。

そんな状態は ”時間を管理している のではなく、”時間に管理されている
状態かもしれません。


時間は大切だけど、
時間に囚われすぎては、本質的なことを見失ってしまうことが、あるのではないかと思います。

 

たまには

今やらなければいけないことより、自分にとって大切だと思っていることを、優先するのもいいんじゃないでしょうか。

ふと立ち止まって、急がないけど、自分の人生で大切だと思っていることを選んでみる

「スケジュールが埋まっていても、偶然友達に合ったらお茶する時間を楽しむ」

「有休をとって、前から行きたかった場所に行ってみる」

「残業する必要があっても、切り上げて子供との時間を楽しむ」

目の前に仕事があったら、周りの人に迷惑をかけると思ったら、それがやりにくくて難しいのも、すごくよく分かります。

でも、仕事で忙しすぎる現実を変えようと選択ができるは、自分自身しかいません。

時間は大事だけど、時間は時間、ただ流れているものでもあるです。

心の中の優先順位を意識的にかえてみて、”時間を管理するのではなく、自分自身と大切なものを管理する”

時には

そんなふうに思ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

仕事で忙しすぎる,神戸カウンセリング,会社辞めたい

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

お仕事や人間関係などのお悩みについて
無料でメールカウンセリングを行っております。

よろしければ、ご自身の思いをお送りくださいね。
確認次第、カウンセラーから迅速に返答させていただきます。

こちらにご記入ください  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です