向いていない仕事を続けるべきか②

向いていない仕事を続けるべきか②

 

前回記事「向いていない仕事を続けるべきか」

自分にとって心地の良いことを見つけて

簡単にできる小さな行動を起こすことが大事と申しました。

 

では自分にとって心地の良いことは

どうやって見つければいいのでしょうか。

 

自分にあるけど

今の環境や収入で「そんなことできるわけない」と思って

閉じ込めてしまっていることも多いと思います。

 

そういった制限に縛られてしまうと

本当に心地の良いものが出てこないものです。

 

自分の潜在意識にある望みを知るには

 

自分への質問をしてみると

普段思いもしなかった新たな発見や気づきが、出てくることがあります。

仕事向いてない,神戸カウンセリング,転職の悩み

 

・一生困らないだけのお金があったら、何をするだろうか?

・すべての職業の収入が同じなら、何を仕事にするだろうか?

・何をしても成功するとしたら、まっさきに何をするだろうか?

・あと1年の命だとすれば、何をするだろうか?

・あと10年の命だとすれば、何をするだろうか?

 

こんな質問を自分にしてみて

出てきた答えの中に、心地良く仕事ができるヒントがあるのではないかと思います。

 

こういった制限をなくすとどうしたいか という質問の答えとして

 

「ずっと遊んで暮らす」とか「旅行に行きまくりたい!」

のような答えが出てくるかもしれません。

 

実際のできたとして1年位であれば楽しいでしょうが

それが5年、10年と続くとどうでしょうか?

 

飽きてしまいませんか?

 

焼肉が大好きでも、毎日焼肉ならどうでしょうか?

 

飽きて嫌になりますよね。。

 

最後の2つの質問で1年の命なら

好きな人にできる限り会うとか

行きたいとこに行くとかになると思いますが

 

それが10年なら

また違ったこの世に生きてやり残したこと

次世代に伝えたいことなど

自分の使命のようなものを思いつくかもしれません。

 

そして出てきた答えを現実にするために

簡単にできることに、小さな一歩を踏み出してみて

 

心地の良さ感じてみてみましょう。

現状を変えるヒントにしてみましょう。

 

一歩目は本当に簡単なことがいいです。

興味があることをインターネット検索してみるとか、本屋で関連本を探してみるとか。

簡単にできること、楽にできることから、始めることが大切です。

仕事向いてない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です