妻との家庭内別居状態を解消したい

妻との家庭内別居状態を解消したい(カウンセリングのご感想)

 

私のカウンセリングには仕事関係のご相談が多いのですが、今回カウンセリングさせて頂いたS.O.さん(50代、男性)は夫婦関係のご相談でした。

*S.O.さんから事前にご了解を頂いております。
*個人が特定されないよう、内容は抽象的に修正しています。

S.O.さんは奥さんと1年以上家庭内別居状態で、現状を変えたい、離婚すべきかどうか悩んでいる。
奥さんは部屋に籠りっぱなしで、一切接触を持たず、話しかけても無視される状態です。

息子さんが結婚を控えていて、このような状態では婚約者に会うこともできず、息子に迷惑がかかるので早めに決断したいとのことでした。

その原因は些細なことで、「食事の時に奥さんのお箸がでていない」「帰宅時にリビングの電気が消えていた」ということで、奥さんは家庭内で疎外されていると考えているようでした。

以前は仕事から帰ってきたら仕事上の愚痴をS.O.さんにいろいろと話し、それを出来る限り聞いていたが、それも現在は無い状態です。

教育方針として奥さんは子供を厳しく育てたが、S.O.さんは優しく接していたので、奥さんからすると自分だけが悪者になっていると考えていたようです。

本日はカウンセリングを受けて良かったです。ありがとうございました。
受けている間に、いろんなことに気づきました。

できるだけ離婚はしたくないと考えておりましたが、妻に対して「離婚したいのかどうなのか」「その性格を直すべきだ」と妻に問い正すことに対してだけ意識が向いていました。

そして、正面から話をすることを恐れていました。

妻の立場になる心理ワークをやってみると、妻も本当は苦しんでいることが分かり、ハッとさせられました。

もうだめと思っていた気持ちからやる気が出ました。

妻は内弁慶で、外では感情を出せず溜めこむタイプです。
現状では感情の吐き出す場がなく、何もできず心を閉ざしていたのです。

そんな妻の力になりたい。そんな気持ちになりました。

妻には何を言っても聞かないと自分が思い込んでいることや、自分が攻撃されることを恐れていることにも気づきました。

食事に誘うかなんらかの形で、妻と正面から話して自分の気持ちを伝えたいです。
自分や子供のことばかりに目がいってましたが、今は妻を癒したいという気持ちが強くなりました。

奥さんに対して、現在も憎しみの感情は全くないが、どう接してよいか分からず途方にくれていたところから、ご自分の気持ちを面と向かって伝えることを決断されました。

奥さんとの出会いの時に魅かれたことなども、楽しそうにお話して下さいました。
できれば、昔よく行っていたレストランで食事をしながら、話をしたいと言われていました。素敵ですね!

 

相手の「立場」に立つと「見方」が変わります。
見方とは、「見」る「方」向。

見方を変えるには、立場を変えればよいです。
立場とは「立」っている「場」所。

相手の立つ場所で自分を見ると、普段は気づかない、いろんなことに気づきます。

夫婦の悩み、家庭内別居、神戸カウンセリング

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

お仕事や人間関係などのお悩みについて
無料でメールカウンセリングを行っております。

よろしければ、ご自身の思いをお送りくださいね。
確認次第、カウンセラーから迅速に返答させていただきます。

こちらにご記入ください  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です