会社を辞めた後に気づくこと

会社を辞めた後に気づくこと

 

GWが終わりましたね。

会社員時代は、GWやお盆休みなどの休暇が楽しみで仕方なかったです。

毎日疲れ切ってたから、「やっと休める。。」という嬉しさで、仕事が始まる休み明けはすごく憂鬱です。

会社を辞めた今はGWもそんな楽しみでもない。

GW明けも普通

というか「早く仕事がしたいモード」です。

同じ自分なんですけど、こんなに違うのですよね。

 

会社員時代は毎日山ほど仕事があって「勘弁してくれ~、もう仕事いらん」って毎日思ってましたが

今は「もっと仕事くれ~、仕事したい!」ってなってます(笑)

仕事を辞めた後に気づくこと,神戸心理カウンセリング,仕事の悩み

 

会社員と個人事業の違いは当然ありますから、一概には言えないのですが

 

「ない」時は「ある」ものを求め

「ある」ものに気づきません。

 

毎月決まった給料がもらえる

自動的に払ってくれている健康保険料、年金

支給される交通費など

 

個人事業主になってはじめて、恵まれていたんだなあと感じます。

会社員の方は当然だからあまり気にしていないかもしれません。

私もそうでした。

 

仕事自体もそうです。

会社員時代は営業職でしたが、販売するにあたってやることがとても多いので常に仕事に追われていて、お客さんから買ってもらえることの有難みをあまり分かってませんでした。

営業職の方ならお分かりでしょうが、実績が上がれば仕事が増える。仕事が増えると時間が無くなる。

実績を上げても素直に喜べないことも多いです。

 

でも会社はそうやって利益を上げることによって、社員に給料を出すことができます。

個人事業主になると、従業員に給料が出せるくらいに利益を出せることが、凄いなと思います。

会社員時代はそんなことを考えたこともなかったですが、自分の給料分は自分で稼いでくる。

甘ちゃんの私は、そんなことにも気づいていませんでした。

 

私たちはついつい「ない」ものばかり求めてしまいますが

 

当たり前すぎて気づかない「ある」ものに少し目を向けることができると

気持ちが軽くなったり、幸せ感を感じることができます。

 

「ない」と思っていても、「ある」ものもたくさんある

 

「ある」ものに感謝しながら「ない」ものを満たすために少しずつ行動していく

 

そんなバランス感覚が保てたらいいですよね。

 

自分に当てはめると「ない」と思っている時は「ある」ものに、なかなか自分では気づけないんですよね。

気づいてもあまり有難いとは思えない、そんな気持ちもよく分かります。

 

無くして初めて分かったりしますから、または人から言われて初めて気づいたり。

でも少なくとも「実は自分は持っているものがたくさんある」どこかで思っていれば

腑に落ちることがあります。

 

人は無意識で「ない」ものばかりを求め苦しみます。

普通に「ある」ものをたくさん持っているのに、そこに意識がいってません。

実は大切なものをたくさん持っているのです。

病気になって初めて健康の大切さを知ります。

 

もともと持っている「ある」ものに目を向ければ、日々の生活がもっと幸せに感じるでしょう。

「ない」ものを求めることも必要ですが、「ある」ものがいっぱいあります。

行き詰った時には、ふと目線を変えてみましょう。

 

毎日のご飯、家族、両親、友人、会社の同僚、健康な体・・・

もし無かったらどう思いますか?

既にたくさん持っています。

仕事を辞めた後に気づくこと,神戸心理カウンセリング,仕事の悩み

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です