環境に惑わされない

環境に惑わされない

 

WBCで日本は見事決勝ラウンドに進んで

今日は準決勝のアメリカ戦でした。

 

決戦の地はアメリカ

2次ラウンドまでの日本と違い完全にアウェーです。

 

試合前に解説者が「アウェーなんか関係ない、相手だけに集中すべき」

と言ってましたが

 

アウェーであれどもいかに自分達の空間にして

環境に惑わされず本来の力をだせることが大事ですよね。

プレゼンの話し方

 

これ、仕事の場でも意識して

自分の空間にしてしまうとコミュニケーションもスムーズになり

 

プレゼンや商談等もうまくいくものですが

プレゼンが苦手で自分の本来の力を発揮できないと

悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そういう場合は

アウェーな環境に惑わされていることも考えられます。

 

NLPという心理学で「ステートマネージメント」

というセルフマネージメント法がありますが

 

そこで言われていることは

その場をいかに「自分の空間」にしていくか

ということです。

 

まず自分の中心軸とつながります

自分をブレさせず、自分ができることできないことを把握すること

自分を分かっていることが必要です。

 

満たされた気持ちで自分とのつながりを感じながら

その「場」や「対象となる人」とのつながりも意識します。

 

目に見えている壁や机が友達で

声援を送ってくれているような(*^o^*)

 

見えているものを全て味方にする:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

壁が喜んでくれるように話をしてみる(^◇^)

 

なにも意識しないより

そんな感覚を意識してから商談やプレゼンに望むと

良い結果を産むかもしれませんよ。

 

「私の空間である」と思うと

視野が広がり

対象の人とも良いコミュニケーションがとれる思います。

 

WBCでのアウェー感満載の球場をみて

「ステートマネジメント」を思い出しました( ̄▽ ̄)

 

アウェーでの相手へのの声援も

自分への応援に自分でかえれる選手が

本来の力を発揮できるのでしょうね。

プレゼンでの話し方

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

お仕事や人間関係などのお悩みについて
無料でメールカウンセリングを行っております。

よろしければ、ご自身の思いをお送りくださいね。
確認次第、カウンセラーから迅速に返答させていただきます。

こちらにご記入ください  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です