悩みの解決は小さな一歩から

悩みの解決は小さな一歩から

 

僕はもともとは

自分に自信がなく

自己肯定感の低い人間でした。

 

社会人になってからは

特に悩みました。

 

コネで会社に入ったのもあり

同期のみんなが凄く優秀にみえて

自分は何もできない本当ダメな人間だな

と思ってました。

 

なので

誰とも仲良くもなれないでいました。

おどおどして

人とうまく話せないから

人との接触はなるべく避けていました。

 

会社の寮に住んでいましたが

同期と顔を会わすのが嫌なので

なるべく出会わない裏口から

出入りしたりしてました(笑)

 

仕事も全然飲み込みが悪いし

たぶん周りの先輩や上司も

とんでもない、なんか暗い奴が

入社してきたと思ったでしょう。

 

そんなことで仕事が楽しいわけはなく

会社いきたくない病で

理由をつけて

病気でもないのに休んだり

最悪な社員でした。

 

仕事先の高いビルからぼんやり窓をみていた時

お客さんから「大丈夫?自殺するのかと思った」

と言われたこともありました。

 

 

でもある時

どうせ何もできないんだから

せめて電話だけでも頑張って取ろうと

思い立ちました。

 

当時、受付電話対応の人はいなかったので

電話を取るのは

新人や若い社員の仕事でした。

 

営業職なので電話は絶えずかかってきます。

携帯電話のない時代です。

 

カミカミでもなんでもいいから

必死で電話を取り

周りの人に取り次ぐ毎日を過ごしました。

 

そういう僕の姿をみて

先輩、上司からも

少しずつ

暖かい言葉をかけてもらえるようになりました。

 

そうすると少しは自信になり

周りの人やお客さんとのコミュニケーション

も少しずつ良くなっていきました。

 

今思えば

電話を必死でとることが

僕の仕事、対人関係の原点でした。

 

今こうして心のお仕事を

させてもらってますが

 

大切なことは

他人からみたら些細なことでも

少しかえてみる

少し踏み出してみる

ことで

景色がかわっていく

 

そんな勇気が少し出せれば

1歩でも10歩でも

今より先へ進めると思っています。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

お仕事や人間関係などのお悩みについて
無料でメールカウンセリングを行っております。

よろしければ、ご自身の思いをお送りくださいね。
確認次第、カウンセラーから迅速に返答させていただきます。

こちらにご記入ください  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です